What's New

124

シンプルな家具、落ち着いた色味のテキスタイル、テラコッタのタイルに木製の壁でまとめられた
さりげない空間は、 飽きのこない居心地の良さがあるものです。

☟こちらはフィンランドの木製照明ブランド Secto Designのペンダント
Octo(オクト)4240」。



Photo by Secto Design Oy.

柔らかくカーブするフィンランドバーチ製のランプシェードはスリット状で、
視線を遮らず、軽やかな印象です。

その優しい明かりは、空間のフォーカルポイントにもなってくれるでしょう。


フィンランドの木製照明ブランド、Secto Designのランプ。

PEFC国際森林認証を得た環境に配慮した森林より採取されたフィンランドバーチの合板で、熟練のクラフトマンが製作したランプシェードの最外面には、異なるカラー・素材が使われています。

スタイリッシュなブラック、清楚なホワイトも素敵ですが、各製品ごとに異なる天然木ならではの木目が活かされたウォルナット仕上げは、これからの季節にぴったりです。 軽やかな印象のスリットが特徴のデザインは、背景への眺めを妨げません。さまざまなインテリアのエレメント、そして周囲と調和しながら、あなたの側で優しく灯ってくれます。

☝︎こちらは「Octo(オクト) 4240 」のウォルナット仕上げ。シェード内面は、ナチュラル仕上げのバーチ。
シェード内外の異なる木肌の表情は、さまざまな空間に似合います。

Photo by Secto Design Oy.
ロンドンのレストランでも、セクトデザインの木製ランプは使われています。

窓際のダイニングに灯る優しい明かりが、コージーな雰囲気を演出します。



☝︎この製品は、「Victo (ヴィクト) 4250」。

レストランやホテルだけではなく、住宅やオフィスなどでも多く使われていて、
セクトデザイン のベストセラー「Octo (オクト) 4240」に並び、人気の高い製品です。

Victo 4250 155 Bar and Kitchen. London, UK.
Photo from Secto Design Oy
Photo by Ed Reeve
8月6日(火)から15日(木)まで、ランピオナイオは休みます。

この期間のご依頼やお問い合わせには、8月16日(金) より順次対応します。

休業日・変則営業日はカレンダー形式でもご確認いただけます。

ご不便をおかけしますが、お買い物も 8月16日(金) よりお願いいたします。

夏本番、健やかにおすごしください。
ご不便をお掛けしますが、現在ネットストアのシステムメンテナンス中のため、ご注文をお受けしておりません。

誠に恐れ入りますが、6/25(火) 19:00以降に、あらためてご注文をいただけますようお願いいたします。



☝︎Owalo 7020 テーブルランプ

photo by Sect Design Oy
木製ランプが似合う空間は、典型的な”北欧テイスト”だけには留まりません。

例えば、バルト海を行き来するクルーズフェリー。船窓から海を眺めるレストランでは、バーチ・ナチュラルのシェードが、落ち着きのあるインテリアとの程よいコントラストを作っています。



☝︎この製品は、「Secto (セクト) 4200」。1999年に発売され、今なお人気の高い定番製品です。

同シリーズの、フロアランプ テーブルランプ などとコーディネートができ、
住宅から公共空間まで様々な用途に使われています。

梅雨の後にやってくる夏が待ち遠しいですね!

Photo from Secto Design Oy
あなたの暮らしをいつも照らすのが照明です。

軽やかな印象と、優しい光を兼ね備えたフィンランドバーチの木製ランプなら、
梅雨の時期の憂鬱な気分も、少し和らげてくれるのではないでしょうか。



☝︎こちらの製品は、「Octo (オクト) Small 4241」ブラック。
プライウッド製ランプシェードの外側は、スタイリッシュなつや消しのブラックラミネート。
内側は無塗装でナチュラルな木肌に柔らかい光を映します。

Photo from Secto Design Oy
休日の一日、陽光とティータイムはいかがでしょう?
夕暮れには、木製のランプがテーブルに灯ります。

楽しい休日をお過ごしください。


☝︎こちらの製品は、「Octo (オクト) 4240」ホワイト
フィンランドバーチのプライウッド製ランプシェードの外側は、清潔感のある白いラミネート。
一方、内側は無塗装のためナチュラルな木の質感が楽しめます。

Photo from Secto Design Oy
エコロジーへの観点は、私たちの暮らしの中では欠かせないものです。
そして、安全で味わい豊かな食物や、あきのこない日用品のように、
私たちの暮らしをサポートしてくれる良いモノを選びたいものです。

インテリアの中のモノといえば、家具や照明などがありますが、
あなたはどんなポイントからお選びになりますか。

フィンランドの木製照明ブランドSecto Designの製品は丁寧な作りで、優しい光の表情が魅力です。
「Octo (オクト) 4240」ペンダント。こちらはパルプ系のホワイトシートをラミネートした春らしい清楚なカラーです。


Private Residence. Isernhagen, Germany.
Photo by Elena Drews / www.villadora.blog
Photo from Secto Design Oy.
下記の期間は下記のとおりの変則営業とさせていただきます。

◉ 短縮営業
・期間: 4月8日(月)から 12日(金)および 15日(月)
・営業時間: 午後2時〜5時

◉ 臨時休業: 4月22日(月)

勝手ながらご不便をお掛けしますが、業務調整のためご了承ください。

休業日・変則営業日はカレンダー形式でもご確認いただけます。


Western Union office. Vilnius, Lithuania.
Interior and project management by Lt.Project.
Photo by Leonas Garbaciauskas.
Photo from Secto Design Oy.
シンプルで開放的な空間には、軽やかな印象の照明が似合います。

白とグレーを背景にして並んだペンダント。
ブラックの表面と温もりのあるフィンランドバーチの内面とが適度なコントラストを作ってくれます。

ランプシェードはあなたの眺めを損ないません。
すっきりとしたインテリア、お気に入りのアートや開口部からの借景などは、ランプシェードの隙間からも楽しめます。

その空間とのハーモニーを醸し出す木製のランプたち。
セクトデザインの工場があるフィンランドのシラカバの森を想起させます。

こちらはカーブしたランプシェードが特徴の「Octo (オクト) 4240 」ペンダント。
同じデザインでやや小型の「Octo Small (オクト スモール) 4241」もおすすめです。


Photo by Secto Design Oy

フィンランドの木製照明器具メーカー セクトデザインのランプが生まれる工場は、ヘルシンから車で北西へ約2時間ほど。
森と湖に囲まれたヘイノラにあります。ヘイノラの現在のお天気は曇り。気温はかなり低くマイナス7度だそう。さらに今週末からは数日、雪が続くようです。

でもご安心あれ、こんな寒い季節でも室内は暖かく快適なのが、フィンランドの良いところです。外では厚いコートとブーツとで完全防寒ですが、室内は意外なほど薄着で大丈夫。快適なのです。

そしてもう一つ、暖かい室内でくつろぐために忘れてはならないものは、心も温めてくれそうな穏やかな表情の照明ですね。
皆さん、どうぞ素敵な週末をお過ごしください。




▲「Octo (オクト) 4240 」スタイリッシュなブラックのペンダントがヘルシンキのレストランで使われています。




▲「Petite(プティット) 4600」小さな木製のランプシェードがランダムに並ぶと、楽げな雰囲気が醸し出されます。

セクトデザインの木製照明について、もっと知りたくなったら、
こちらのビデオをご欄ください。


Secto Design Video - Seal of Authenticity from Secto Design on Vimeo.



「セクトデザイン」の木製照明は、フィンランドはもとより、世界中の住宅で愛用されています。
製品はフィンランドの工場から、新しいオーナーの元へと届けられます。

ハンドメイドでサスティナブルに製造され、オーセンティックな魅力を備えたタイムレスなデザインのランプたち。
きっとあなたの空間に温かい雰囲気を創ってくれるはずです。






このペンダントランプは、手を組むように上下から交互にクロスする何本もの木製スティックで形作られたランプシェードで、
他のセクトデザインの製品とは異なる直線的なデザインです。



下方向だけではなく上方向へもLED電球からの光が溢れるので、天井面がほんのり照らされ空間の広がりを感じさせてくれます。
上下2つの光をイメージさせるかのような製品名は「コントロ (Kontro)」といいます。
イタリア語で「反対」の意である"Contro"を思い起こさせるネーミングですね。



▼ ランプシェードのカラーバリエーション
外面のカラー・仕上げは、4種類からお選びいただけます。内面は共通でバーチの無塗装仕上げです。



寒い季節。
心もほっこり暖かくしてくれるようなナチュラルな木製ランプを、
あなたお部屋でお使いになってはいかがでしょう。
フィンランドの木製照明器具の専門メーカー、Secto Design(セクトデザイン) 。

コレクションの中で、特に人気の高い製品が、この「Octo(オクト)」です。
Octoは美しいカーブで光を抱くランプ。

ランプシェードが木製(フィンランドバーチの合板)であることを知れば、ナチュラルな木肌の質感と温かみのある表情に納得されるでしょう。

▼ Octo Small 4241 ホワイト



従来品「Octo 4240」よりもやや小型の「Octo Small 4241」が、この度新発売されました。
日本仕様品のご用意も整いました。あなたのご注文をお待ちしています。


Photo by Secto Design Oy

使いやすいサイズで、さまざまなインテリアと調和するランプです。 もちろん1台でも、複数台数を並べてお使いいただくこともお勧めします。

 Octo Small 4241  には、ホワイトの他、ブラック、バーチ(ナチュラル)、ウォルナット 全4種類の展開があります。
さて、あなたのお好みはどちらでしょう。

4種類のカラー・仕上げバリエーションについて:
シェードの一番外側のカラー・仕上げが異なります。
ホワイトとブラックは、それぞれのカラーのパルプ系シートをラミネート加工しています。
バーチ(ナチュラル)とウォルナットは天然木の突板仕上げです。
いずれの製品もシェードの内側は共通で、バーチの無塗装仕上げとなります。

2018 年末〜2019 新年の休業期間について下記のとおりご案内します。

■ 休業期間: 2018年12月28日(金) 〜 2019年1月3日(木)

上記期間中のご連絡につきましては、新年 1/4(金) より順次対応いたします。

お買い物も 新年 1/4(金) よりお願いします。

ランピオナイオ サービスデスク
フィンランドからの便りでは、美しい雪のブランケットで辺りが覆われてきたそうです。

セクトデザインの木製ランプコレクションの中で、「ホワイト」のカラーは2つの味わいが楽しめます。

ランプシェードの内面はナチュラルな木肌の表情。外面はスタイリッシュな印象を持ったホワイトのラミネート。
まるで雪が積もり始めたシラカバの森の風景のようです。



ホワイトのペンダントランプ。あなたの空間にいかがでしょう。

Petite 4600 ホワイト
詳しくはこちらをご覧ください

サンタクロースの故郷とも言われるフィンランドではクリスマスモード真っ只中。
街はイルミネーションに彩られ、クリスマスマーケットや特別なイベントが行われています。

寒い季節でも心は温かく楽しく暮らすために工夫を惜しまないフィンランドの人々。
木製ペンダントもそんな心意気を応援してくれるようです。

こちらは、東京日本橋に最近オープンしたオーストラリアンレストラン。
外からもよく見える窓辺で、カーブしたランプシェードで光を抱くような「オクト」が使われています。



照明は室内だけのものではありません。
屋外から眺めた時は、通り行く人々の心を温めてくれるのではないでしょうか。

素敵な季節をお迎えください。

 

オクトの詳細はこちらから


Octo Small 4241 

Octo 4240



セクトデザインのシグニチャーモデル、オクト ペンダントのスモールサイズ「Octo Small 4241」を発売しました。

日本仕様品は、引掛シーリングプラグ付きコード(長さ:1.5m, フランジカバー付)、LED電球(白熱電球100W相当の明るさ)を同梱して、あなたへお届けします。

*製品の詳細は、こちらをご覧ください

フィンランドから、森と湖に囲まれた住宅に使用されたイメージが届いています。
木製のランプの温もりある光とともに、リラックスした時間が過ごせそうです。





Photo from Secto Design Oy.